コンテンツへスキップ

昆虫の生命の起源。

記事更新日: 2024 年 7 月 7 日

皮膚上の単純なヘルペスニキビは、大気中の細胞の細胞放射線によって溶けて昆虫の卵が孵化するまで皮膚から離れません。

ウイルスによっては昆虫の一種である場合もあります。

統合失調症では、視力の喪失、時には赤ちゃんのハエが飛んでしまうことがよく起こります。これらの昆虫は、長期間にわたって非常に早く孵化し、休息すると再び現れることができ、危険で有毒な場合は、危険の原因により、それらに影響を与えるウイルスのバリエーションにより、確実に遅くなり、より目立つようになります。たとえば、それはクモである可能性があります。クモは動きが遅く、目に見えますが、赤ちゃんハエは速く、無害であり、成虫はより遅く、より目に見えます。

私が統合失調症と言ったのは、ハエが見えたり消えたりするのは心理的につらいことがあるからです。

一部の昆虫は私たちに悪戯して毒を注入し、吹き出物ができて、いくらメスで刺しても再発する場合もあります。これは、染色体 DNA が誤って構成されているためです。クモなどの昆虫に刺された可能性があり、細胞組織に非常に破壊的な影響を及ぼし、手足を失うことさえあります。そのため、このような場合には、毒を排出するように染色体のDNAを構成する必要があり、これがうまくいけば穀物は柔らかくなり、毒が侵入する穴が現れます。

もう一つ考慮すべきことは、皮膚のほくろです。これは有毒起源の昆虫ウイルスを示している可能性があります。昆虫の毒はメラノサイトの極端な温度による極端な症状であり、皮膚や大気中で顕著であり、ほくろの原因となるからです。それは昆虫が発生させる毒によるものかもしれませんし、あるいは大気中の水分がなければ昆虫の赤ちゃんが生き残ることの症状であるかもしれません。私たちが年齢を重ねるにつれて、これらのほくろは大気中の水分の増加によってカバーされますが、ウイルスはより凶暴になります。

昆虫についての不快な好奇心は、例えば、私たちの目に成熟した細菌がいて、その細菌にハエが近づくと、細菌を怖がらせ、目の外側から内側に穴を開けて隠れることがあるということです。 、不快感を引き起こしたり、時には重くなったりします。

もう 1 つの魔法のトリックは、テレビの 1 秒あたりのフレーム数が多く、昆虫の赤ちゃんがメッセージをキャッチして大人になる場合や、昆虫を怖がらせる可能性さえある非常に速いフレームまたは音声のシーケンスでのみメッセージをキャッチする場合です。

飛行する昆虫の速度に関するもう 1 つの興味深い点は、昆虫が速度を失うと視力も失うことです。たとえば、ガラスが見えにくくなり、クモは通常、それを巣で利用しているように見えます。一度スピードを失うと、再び速度を取り戻すのは難しく、目立つ傾向があり、より多く交尾し、若い個体の場合はより多くの餌を食べる傾向があるため、食事を変える可能性がある、または変更する可能性があると言えます。細菌について。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です