コンテンツへスキップ

アルツハイマー病、メラトニン、不整脈、心拍リズム。

私たちが寝るとき、脳細胞はメラトニンを溶解して眠りを開始し、眠り始めます。眠り始めると、細胞は心拍数の低下により酸素を失い、膨張し始めます。また、多くの物質により記憶喪失を引き起こす可能性があります。そして時間が経つとアルツハイマー病を引き起こす可能性があります。

この問題を解決するには、細胞に酸素を供給して炎症を防ぐ心拍リズムの順序を変更する必要がありますが、これにより睡眠中に心拍リズムの変化が引き起こされる可能性があり、これが不整脈と混同される可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です